就職を探すにしろ、パートを探すにしろ、色々な選択肢があります。

ハローワークで職を見つけた時の話
ハローワークで職を見つけた時の話

就職を探すにしろ、パートを探すにしろ、色々な選択肢があります

就職を探すにしろ、パートを探すにしろ、色々な選択肢があります。仕事探しなら職業安定所といった感じがあったのは、いつの頃だったでしょうか?今は特にインターネットの求人が多いですね。人材派遣会社などこんなにたくさん同業者があって成り立つのかなと心配になるぐらいですが、大手から地域に根ざしたところまで色々です。

派遣会社などはやっぱり先に登録に行かなくてはならないところが不便といえば不便なのですが、一度登録しておけば、その後その人に合った仕事の募集があったときは連絡してくれるそうです。
実際どうかなとも思います。人それぞれですが、何回も仕事を紹介してもらってもねえ。ちなみに私は後日連絡なんてありません。年齢のせいでしょうか。適材適所とは言いますが、どうも登録人数を増やすだけ増やしたいと考えているのではないかと疑ってしまうのは私だけでしょうか?また、ハローワークを通じなくとも、企業さんとお話すると、ハローワークから応募に来る人はあまりよくないという企業もちらほら見受けました。
失業保険をもらうためや、生活保護の条件になっているからあまり労働意欲のない人も混ざっているのだと思います。
しかしハローワークでは仕事検索して、よさそうな仕事があれば、そのまま窓口に行けばすぐ諸条件の確認、面接の日取りとサクッと手配してもらえます。わざわざ登録に行って面接の日を決めて、それから何日もまたされて、というようなことを考えると、向き不向きはありますが、ハローワークもメリットは多いと思います。
企業さんも採用情報をハローワークに報告しなければならないということで、当たり前ですがきちんとした対応をしてくれます。少しは誇大な宣伝はするところはするようですが。時代の流れによるものか、2〜3社に一緒に申し込むのもありだそうで、ハローワークでは受付の人と相談しながら申し込むと早く仕事が決まるような気がします。仕事は自分に合っていないと苦痛ですから、情報をうまく活用して良い仕事につけるといいなと思いました。

注目情報

Copyright (C)2017ハローワークで職を見つけた時の話.All rights reserved.